語学留学に行った人は留学前にどんな勉強をしたのか

語学留学に行った人は留学前にどんな勉強をしたのか

留学前にしたいのは会話力を伸ばすこと

私は大学時代にイギリスの大学に交換留学しました。そのためには当時通っていた日本の大学で試験をクリアする必要がありました。

 

それは英国版の試験で、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの英語に関する全てを網羅するテストでした。目標点をクリアするために私がした勉強法は、その試験専門の本を1冊だけ買ってやりこむことでした。

 

何冊か購入してやるのも一つの手ですが、私はあえて色々と手を出さずに絞ってみたのです。普段から大学では英語の授業をしていたこともあり、満遍なく能力を強化しました。

 

英語力を養うというよりは、テストの傾向を掴むという感覚でした。留学前には相当に勉強しておかないと、英語で授業を理解するというのは難しいと覚悟はしていました。

 

だから強いてどの能力を強化したかというならば、会話力です。リスニングとスピーキングですね。ただこれはリーディングやライティングと違って1人ではできない勉強だったので、イギリスのニュース番組をネットで見たり、これまたイギリスのものに限って映画を見たりしていました。

 

自分発信のスピーキングはお風呂でシチュエーションを考え、自分だったらどう言うかというイメージトレーニングをしていました。これが功をそうしたのか、留学先に行けるだけの能力はゲットし、そこでもチュートリアルの授業で役立ちました。

 

会話が中心となるので、各国から集まる外国人の中でもなんとかついてはいけました。普段の会話でも役立ち、アドリブ力やその場でパッと出た言葉を口に出せるようにはなりました。

 

レポートなどの宿題は日本の大学で培った知識で十分だったのと、部屋で熟考できるため留学用の勉強で役立ったかどうかはわかりません。ただし、留学前には話すことに特化した勉強をして損はないと強く実感しました。

 

特に日本人は会話力を培うような教育が乏しいので、留学するなら現地の言葉を話す勉強に特化すべきだと思います。

 

私と同じくイギリスに留学された方が、留学前の勉強法(http://ryuugakumae-benkyouhou.com/)について紹介しているので参考にしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ